遺品整理・・・気持ちも楽になりました。

故人の家具や家財などの遺品の整理は、精神的にもかなり大変だということを聞いていましたが、その通りでした。
まずは、それらのものを見るだけで故人を思い出し、いろんなことを考えてしまって作業が進みません。
少しずつ進めて見るものの、気持ちが追いつかず、都度悲しくなることが辛く、一旦遺品整理から離れてしまったこともあります。
けれど、残しておいても家の中で場所を取ってしまいますし、見るたびに思い出して悲しくなるくらいなら、と、家族と決断したのは「全て処分する」でした。
実はシャツ一枚でさえ、「気に入って着ていたなぁ」と思うだけで処分できなかったのですが、そう行ったもの全てを処分すべく、現在も家族の誰かが使用しているものは残し、個人だけが使用していたものだけを一部屋に集めました。
その人だけが使っていたもの、洋服などはもちろん、食器なども全てそこに集めたところ、特に業者に入ってもらわなければならないほどの物量ではなく、家庭のゴミの日に少しずつ処分していきました。
物に執着してしまうと悲しみの方が強く思い出しますが、心で思い出すだけにすると気持ちも住居もとても楽になりました。